安心感がある人になる

「安全を感じる方法」の1つを紹介します。まず、体験してみましょう。
 

 

座りやすいソファーやイスに腰かけましょう。深呼吸をして、体を感じましょう。そして安心出来る場所を想像しましょう。平和で、落ち着いた場所。実際にある場所、、、想像上の場所、、、どちらでも。
 

 

やりやすければ目を閉じて、、、じっくり感じてみましょう。つぎに、呼びたい人、ペットを連れて来ましょう。連れて来なくても大丈夫です。安心できる物も連れて来ましょう。
 

 

ここで息を吐ききって、深呼吸。そのあなたの安全な場所をゆっくり見わたしてください。でてくる感情を感じましょう。体の感じを感じましょう。
 

 

何が聞こえますか、、、どんな香りがしますか、、、ゆっくりでいいです。
 

 

思考パターンを感じましょう。ネガティブでもポジティブでもそれをただただ受け止めましょう。息を吐いて、深呼吸。
 

 

ここで両足で右、左、右、左と交互に10回(1秒に1回くらい)パタパタだいたいでいいです。両手でも机などをパタパタ
 

 

こうすると右脳と左脳が刺激され安全感を深く体にしみこますことが出来ます。あなたの安全な場所をもう一度感じてみましょう。
 

 

いやな感情、感覚がでてきても、、、「ここは私の安全な場所」とつぶやいてください。体の感じはどうでしょうか、、、体に違和感があったり、あたたかい所があれば、そこに手を当ててあげて下さい。
 

 

自由に空想、想像してください。あなたのペースで終わってください。
 

 

では最後にあなたの「安全な場所」に名前をつけましょう。ベタですが、「南の島」「丘の上のマイホームに慣れてくるといつでもあなたの「安全な場所」を感じることが出来ます。
 

 

では安全を感じれると何がいいの?安全を感じれることにより不安、心配、イライラを軽減できるかもしれません。

 

 

トラウマを受けると、過活動、過覚醒になりやすく。いつも何かをしてないと落ち着かない。怒りっぽかったり、イライラします。

 

それも、当然のことトラウマを受けると人は警戒するようになりまた被害に遭わないように気を張っているのです。

 

 

でもそんなあなたを感じてあげてください。頑張ってるんだね、と。トラウマのカウンセリングでもまずこの「安全を感じる」ことから始まります。

 

 

そうすると色々な心理療法も試せて、症状がよくなります。